BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ダイエットコラム
  4. 寒いとからだは痩せやすい!冬こそがダイエットに向いている

寒いとからだは痩せやすい!冬こそがダイエットに向いている

こんにちは!Limeパーソナルトレーニングジム代々木上原店です。

寒くて活動量が減り、クリスマスに忘年会などイベントが多い冬は太りやすいイメージが大きいのではないでしょうか。

しかし、からだは寒ければ寒いほど体温を上げようとするため、代謝が良くなり1年の中で一番痩せやすい時期なのです。

冬はダイエットが向いている理由

暑いと汗をかくのでカロリーもたくさん消費していると思われがちの夏ですが、気温が高いので代謝量は低めです。冬は代謝が高くなると、少しの運動でも効率よくダイエットすることができます。冬ならではの代謝が上がっているというメリットを上手に活用し、痩せ体質を目指しましょう。

代謝が上がりやすい

気温が低くなると、からだは内臓を冷えから守ろうと、代謝を上げ体温を保とうとします。運動していなくても体温を上げて36度前後に維持するためにカロリーを消費しています。少し運動を取り入れてあげると効率よく痩せることができ、ダイエットに最適な季節なのです。

夏より痩せやすい

夏は少しの運動でも大量に発汗し、運動強度もきつく感じます。実際に運動前後に体重を計測すると、同じトレーニング内容・トレーニング時間でも冬よりも夏よりも体重は減っていることがほとんどです。

この結果を聞いてやっぱり夏の方が痩せやすいのではと思った方、上記で体重が減っている理由は大量に発汗しからだから排出された「水分」なのです。水分が排出されただけで、水分を補給するとすぐに戻ってしまいます。

また夏は気温が体温と同じくらいあるので、からだは体温を上げようと働かないためエネルギーを消費しません。

そのため夏よりも代謝が高い冬の方が痩せやすいのです。

冬は太りやすいと思われている理由

代謝は上がっているのでからだは痩せやすい状態なのですが、太りやすいと思われている理由は2つあります。

それは冬はクリスマス、忘年会、お正月、新年会とイベントが多くどうしても摂取カロリーが高くなりがちです。しかし、寒くて動くのが億劫になり「摂取カロリー>消費カロリー」になってしまうのでからだに脂肪を蓄えてしまいます。

イベントが多いから

イベントが多いことから飲み会が続いてしまうこともあるのではないでしょうか。みんなで楽しく盛り上がり、食べ過ぎたり飲みすぎたりすると、カロリーオーバーになってしまいます。いくら冬は代謝が上がっていても、カロリーオーバーしてしまうとその分を消費しきれずに脂肪になってしまいます。

寒いと動きたくなくなるから

寒いとき、こたつやベッドに入ってしまうと抜け出せなくなり手の届く範囲が行動範囲になりがちではないでしょうか。動かず食べてばかりだと、体内に取り込まれたカロリーは代謝分しか消費されず「摂取カロリー>消費カロリー」になってしまいます。

よって冬は太りやすいというイメージが強いのです。

冬のダイエットに効果的な方法

摂取カロリーが高くなりがちな冬は、消費カロリーを上げるためにより代謝を上げ、痩せやすいからだづくりをしましょう。

「冬に高まった代謝>摂取カロリー」をキープすることがダイエットを成功させるポイントです。

からだを温める食材で代謝アップ

体温は1℃上昇すると、代謝は約1割アップすると言われています。

そのために体温を上げるためにも、からだを温める食材を食べ内側から温めてあげましょう。

からだを温める食材は薬味、根菜類などがあります。

<薬味>

生姜、ねぎ、ニンニク、シナモンなどは代謝を高める効果があると言われています。紅茶の中に入れ、ジンジャーティーやシナモンティーとして楽しんでもいいですね。

また冬は鍋が美味しい季節なので、薬味たっぷりの鍋を食べ美味しくからだを温めましょう。

<根菜類>

ごぼう、にんじん、大根、レンコン、さつまいもなどはビタミンや鉄などのミネラルが豊富に含まれているため、からだを温める効果もあります。冷え性でお悩みの方には特におすすめです。

また根菜に含まれるカリウムは血液中の老廃物をからだの外へ排出する働きをするため、浮腫み防止にもなります。

カロリーをしっかりコントロールする

先ほど述べたように冬はイベントが多く、いつもよりも飲み会の場が増えてしまいます。飲み会の場では好きな物を好きなだけ食べて飲むのではなく「食べ物、飲み物の種類」を選ぶようにしましょう。

<食べ物>

揚げ物などの高脂質は避け、焼き鳥や刺身、サラダ、枝豆、ローストビーフなどの高たんぱく、低カロリーを選ぶ。

<飲み物>

ビールや日本酒はカロリーも高いので避けましょう。ハイボールのカロリーはビールの3分の1なので、低カロリー低糖質なのでおすすめです。また炭酸が苦手なかたには赤ワインをおすすめします。赤ワインはポリフェノールが多く含まれているので、脂肪燃焼を促進させると言われています。

暖房の温度を低めに設定する

冬痩せやすくなるのは、からだを温めようとエネルギーを使うからです。暖房の設定温度を高くしてしまうと、からだを温めようとエネルギーが消費されないので代謝アップが期待できません。そのためにも暖房の温度はちょっと寒いかなと思うくらいの低めに設定しましょう。

トレーンニングをする

家を出るまでが寒くて、動きだすのが億劫になはずです。しっかりと防寒をし、玄関を出て早歩きをしてジムへ行きましょう。ジムに到着してしまえば、気持ちを切り替えることができトレーニングに集中できるはずです。

トレーニングでしっかりと動いたら、運動不足も解消されからだも心もスッキリするでしょう。

まとめ

冬が太りやすいと言われているのは「摂取カロリー>消費カロリー」になりがちだからです。

カロリーオーバーを防ぎ、代謝を上げ効率よく消費カロリーを増やすと夏よりも痩せやすいチャンスです。

寒い冬でも代謝が上がっているからだを味方につけ、ダイエットを成功させましょう。

LimeパーソナルトレーニングジムのLINE@はこちら!

この記事の執筆者:フードアナリスト 工藤 梨央

フードアナリスト工藤梨央がこちらを向いて笑っている

工藤 梨央のインスタアカウントはこちら

この記事の監修者:管理栄養士 小峰侑

管理栄養士 小峰侑さんがこちらを向いて笑っている

小峰侑の詳しいプロフィールはこちら!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事